室蘭プラモ愛好会の例会の作品紹介をつらつらと更新。

平成29年 4月例会報告。 

4月も末になって来たというのに、一向に暖かい日が来ませんね。
冬将軍は去り、一体何時になったら春が訪れるのでしょうか?…兄者です。

そんな薄ら寒い室蘭地方ですが、春を呼び込むべく例会報告していきます!
I can't wait for spring to come!

平成29年4月例会報告


<日時> 平成29年3月25日(土)

<会場> サンライフ室蘭 2階第一講習室

<出席者>
○ コープスキー会長 ○ シュガー長官 ○ギャオス事務局長 ○Skyhawk会員 〇ファントムboy会員 
○えぼっち会員 ○裸王会員 ○三五丸会員 ○Flanker会員 ○兄者

<事務連絡>
△次回5月例会は5月20日(土)です。
次回の例会も1週早くなってます。
 お間違えのないように。

<例会風景>
H29-4-01年度代わりと言う事で、皆さんお忙しいようで
今月も若干参加者は少なめでした。

H29-4-21MPMCの会報600号が発行されました。

ギャオス事務局長様、お忙しい中有難うございます。
事務局長より、記事があれば受け付けてますので
送ってくださいとのことです。

各会員皆様、ネタを作ってどんどん送ってくださいませ。

<今月のお買い物紹介コーナー♪&キット放出(by コープスキー会長>
H29-4-02会長曰く「『終活』という事で、今回ティーガー系とシャーマン系を放出します。」とのこと。
終活なんて縁起でもないですねぇ…。
もっと沢山の模型を楽しんで頂きたいですよ。

H29-4-03キットはそれぞれ会員さんがありがたく頂戴いたしました。
自分もティーガーIIと別売の連結キャタ頂きました。
会長、有難うございます。m(_ _)m

H29-4-04終活などど縁起でもないと書きましたが…。
デカイ物体が…。
どうやらキットを放出した事で、開いたスペースに在庫して置くそうです。(笑
おっと、購入者がばれてしまいましたね。(笑



<作品紹介>

【コープスキー会長】
タミヤのモスキートを作ってます。
部品が多くて今コクピットやってますが精度はいいのですが数が多くて大変です。
仮組みしていくとスススっと合いも良さそうですし、
組み立てにはそんなに苦労はしませんが、部品が多いのが一寸大変かなと。
それ作りながらアッチやったりコッチやったりで困ってます。(笑

【シュガー長官】1/50 タミヤ 零式水上観測機
H29-4-12暖かくなってきましたので、いよいよ畑仕事が始まりまして
晴れた日は殆ど外に居るのでなかなか模型に手が付いていません。(笑

何も持ってこないのもなんですので…。
タミヤの1/50のキットです。

10月の展示会は『50にちなむもの』と言う事で
私はこれをやろうかなと。

塗装してたんですけども組みあがるまでには行きませんで、
この程度まで進めておりまして、
極力デカールを使わないで黄色い所とか赤い帯とか

H29-4-11塗装でやろうかなと。

もうちょっと塗装を工夫して
今回は使い込んでる感じの塗装をやってみたいなぁ…
という事でこれから色を載せていこうかなと思ってます。

10月までに何とか1機でも多く前線へという事で
これを出そうかなと作っております。


【ギャオス事務局長】1/35 イタレリ M2A1 105mm榴弾砲
H29-4-134月入りまして転勤しまして、
小さいところでフツフツとやっております。

何も作らない訳には行かないので
コツコツっとやってたんですけども。

大きいのが前回持ってきたマックス/イタレリのM1 155mm砲で
これの子供みたいなやつでイタレリのM2A1だったかな…?
105mm砲です。

これ米軍の物なんですが自衛隊でも使っており、
それこそ青森の基地に展示されてたやつです。
実際今も儀仗砲として式典とかで使ってるようです。

H29-4-14そのバージョンにしようと思ったんですけど
面倒臭かったんでそのままパチパチッと組みました。

イタレリのキットもの凄くいいキットです。
もう一回作りたいなと思うくらいでとても良いキットでした。

もう1つ小さいのが有り、76mm砲があるので
これで3つそろえて…所謂特科、砲兵部隊を現用から古いやつまで
ズラッと並べたら格好良いかなと思って。頑張ります。


【Skyhawk会員】
今日もスミマセン…手ぶらですみません。
やってます。(笑 本当にやってます。(笑

合同例会向けに何種類か手つけてるんですけれどもまだ完成しないんですけども
もう合同例会近づいてきているんで『4』に集中して、
1/32のF-4 後期型というか羽根の先のほうにスラットが付いた後期型で、
左の翼の根元に光学センサー付けたやつに今改造してます。

パーツはレジンのパーツが有るんですがレジンなものだからザラザラしてるんで
かなり翼端のほうも削ってスジボリ入れたりして削ったんですけれども
サフ掛けたら油が浮くんです…。
なんぼ削っても油が浮くんです。表面だけではなくて中にも油が入ってるようです。
かなり削って削って何とか一寸位の弾きでやっと取り付けました。

ただ取り付けもレジンなもんで全く合わなくて太い真鍮線入れてガチっとつけてあります。
センサーの方も削っていくと気泡が入っていて穴が開いてしまうので
そこを埋めて、削って、サフ掛けて…の連続です。
そのうちスジボリ消えてしまうのでまたスジボリしたり…。
羽根で苦労してます。

大体パーツ付きましたんで連休中に塗装に入る予定で居ますんで、
あと2ヶ月あるんで何とか間に合うかなと思うんだけども、
2ヶ月あっという間なので、最後の1週間徹夜しないように何とか持って行きたいと思います。(笑

【ファントムboy会員】1/35 ファインモールド 60式装甲車
H29-4-1510月の展示会のテーマの『自衛隊』のスキマの部分を
埋めていこうかなということで、ファインモールドの
1/35の60式装甲車です。

非常に細かくて、タミヤが出してくれない部分を
ファインモールドが出してくれてますんで非常に助かります。
あと、無反動砲も作りたいと思ってます。

今は退役してしまって73式に変わってますので、
そっちキットで出してくれないかなと。

兵員ハッチの部分は別部品になってまして、
ただ中がガランドウなものですから

H29-4-16一応テープで止めて有ります。
将来中身手に入ったら積もうかなと思ってます。

キャタも主要な部分は直線で、遊動輪駆動輪は1コマづつつけるようになってます。
精度的にも問題なく流し込み接着剤でパタパタ作れます。

自衛隊は日の丸を付けたくて初期の頃の塗装という事で
何故か飛行機のノーズアートっぽいオネーちゃんのマーキング…
本当にこんなのあったのかというところですが、
キット指定のマークにしています。

色は相変わらずタミヤの陸上自衛隊様オリーブドラブ。
緑色が濃いのですがなんとなくイメージですので
これを使ってます。
時間が無かったので汚しとかはしてません。

[ 2017/04/23 23:59 ] 例会報告 | TB(0) | CM(0)

平成29年 3月例会報告。その2。  

【Skyhawkさん】
相変わらず仕事で忙しくて平日はまず殆ど家に帰らないものですから同じ生活です。
ただ、土日が冬の間は出来ますので結構作ってまして、
合同例会に向けて大きいのをやっております。
ただ、レジンが多用されてるものですから一寸苦労してやってます。
着実に進んでおりますので合同例会までには間に合わせます。

【かがみさん】
チョコチョコとスターウオーズのシリーズを作ってLEDを突っ込んで
その為に今日塗料買いに行きまして…。今はタイストライカー製作中です。

【三五丸さん】1/200 ウエーブ 戦艦三笠
H29-2-1510月の展示会で成り行きで三笠を北國海軍工廠さんから預かりまして何時までもほっておいたらあれなんで、
少しずつ手がけ始めたんですけどもウオーターラインと言う事で
一応、ウオーターラインに出来るようにシュガー長官のやり方を教わって改造してます。

非常に大きくて塗料も凄く使うし、部屋中霧のようになってます。(笑
完成は何時になるか分からないんですけども、少しずつ手掛けていこうと思ってます。

H29-2-12

1/350 ピットロード 海上自衛隊 イージス護衛艦 DDG-173 こんごう
H29-2-13船体の横につなぎ目の溶接が表現されてたんですけども
合わせ目が上手くいかなくて全部一回削りました。
もう一度マスキングテープでやった後、実際の写真見ると殆どツルんとしてます。
今の船は凸凹が殆どないようなのでもう一回また落としました。

エッチングパーツ買ったんで、パーツを付けると船体の出っ張りを全部削り落とさなければなら無いくらいなんで
彫刻刀で削り落としてエッチングパーツを取り付けようと思っています。
これも少し掛かりそうなんですけども…
2ヶ月くらい掛かりそうです。

H29-2-14


【Flankerさん】1/32 ハセガワ F86F セイバー
H29-2-05前回2月のコンペで作ったセイバーなんですが、
エンジンを只塗っただけだったんで…。
塗ったと言うかまともに塗ってなくて、
殆どバババッとスプレーで塗っただけだったんで、
写真見て…ビニールのチューブがキットに付属で付いてまして
一応こういう風に配線しろと書いてあったので配線してみました。

ただ実機の写真見るとキット付属のパイプの方が太いです。
エンジンの後部が皺しわになってますが、
実機もこうなってるみたいでアルミホイルを両面テープで張りました。
アンテナがキットには付いてなかったので実機の写真見ると鼻先についているのでそれを再現してみました。

H29-2-07ウエザリングも一寸変えて追加してやってきました。

H29-2-06

1/6 バンダイ スター・ウォーズ ストームトルーパー
H29-2-16非常に艶感が有るプラスチックの成形で、
もちろんパチパチで完全に接着剤はいりません。
一箇所だけパーツがすぐ落ちてしまうので、接着してます。

丸2日くらいで出来上がりました。
飛行機と違ってパチパチと組めるので、
あっと言うまに形になるので楽しいですね。

H29-2-17


【r-islandさん】1/20 マックスファクトリー PLAMAX MF-02 minimum factory バーニー
H29-2-03お気楽モデリングをしようという事で、2つ作ってきました。

オネーちゃんのほうなんですけれども
マックスファクトリーと言うメーカーの
1/20シリーズが色々出てるんですけれども、
ミリタリーキューティーズと言うやつで
イギリス戦車兵のバーニーと言うやつです。

前からちょっと興味はあったんで一度作ってみたいな~と思ってて
結構パッと売り切れちゃって縁が無かったな~と思ったら
最近再販されたんですね。そこでポチっと…(笑

前にマシーネンクリーガーのレジンのやつ作って、


H29-2-04これはレジンではなく
インジェクションキットで色プラみたいになってて、パーツが全部バラバラになってて、素で組んでもそこそこにはなります。

ただスナップキットではないんで仮組みとかはテープなどで止めなければならないです。
そんなに手を掛けないで作ろうと思って作りました。

服はサフ吹いてやったんですが、
肌の方は成型色を生かしてサフレスでやろうと。

髪の毛は大分前に買ったモデルカステンのリアルブロンドカラーセットを使って塗りました。
肩の方はクレオスから出ているちょっと恥ずかしい名前の『美少女フィギュアなんちゃらかんちゃら』…これも前に買っては居たのを使って塗装しました。
リアルブロンドカラーセットなんですが…何かの本で読んだんですが、
金髪を表現するのに金で塗ってはいけないと言うのは何かで聞いた気がするので。
中には3色入ってまして正直これ『タン』じゃねーの?って感じの色が入ってまして
暗めと明るめと、白混ぜてハイライトと言った感でやってモデルグラフィックスの記事見ながらやってたんですけども嫁に見せたら「茶色いね。全然金髪に見えない』と言われました。
これは今後の研究かなと。

肌色の方は説明書通り濃いピンク塗って肌色塗って組んで嫁に見せたら
「顔のほうが赤くて気持ち悪い」と言われて、もう一回白混ぜて塗装してこんな感じです。
目と眉毛はデカールです。
そこは手をかける気はなかったんで。
娘には見せられないセクシーな感じなんですが。(笑
こういうのもお気楽に作れるのもいいかなぁ…と。
因みに値段は3000円です。結構バリが多くて塗った後にまたやり直しとか、
髪の毛の変なところにバリがあったりします。

1/144 バンダイ 陸戦型 ジム
H29-2-01前々回に持ってきた仮組みしていた陸戦型ジムです。
止まってました。あまりやる気なくて。
特にやる気無くなくなった部分が、成型上の関係で足の裏に穴が開いてまして。
それを埋めるのが面倒臭いと思ってて、面倒臭い事はしないという風に思って脚の裏は穴あいたままです。
どうせ見えないだろうと。ただ、膝付いたポーズにすると一寸見えちゃうのですがまぁいいかと。

手間掛けないで作ろう、早く完成させようと言う
コンセプトで作りました。
ガンプラ好きな人は「なんだ、埋めてねーのかよ」
というでしょうね。

H29-2-02結局手を掛けたのは首で、
そのままだと首が埋まってるような感じがしたので
0.5mmプラ板挟んで延長して、
それも10分程度の作業なんで全然楽勝です。

塗装一日、デカール貼るのに2日。
その後ウエザリングしてクリアコートしてます。
正味1週間ぐらいで出来上がりました。
それでこの出来になるならイイやと。

最後に『グランドブラウン』を掛けようと思ったら
間違って『ステインブラウン』掛けてしまって
何かやたら落ち着いた色になってしまいました。
もう一寸退色感を出したかったんですが…。
まぁその辺は後でも出来るかなと。出来たら格好いいじゃんと言う感じで、
こういうお気楽モデリングもいいかなぁ…と。

【兄者】
え~有りません。作ってません…。
4月の人事異動で、トップがすげ替わるのに伴って、業務で色々やらなくてはならない事が増えて
そちらを覚えるのに手一杯で模型を作り元気がありません…。
次回例会までには何とか1作品でも作ってきます…。

<例会全体風景>
H29-2-21やはり先月のコンペの影響か、作品点数は少なめでした。
ですが、5月の合同例会に向けて皆さん鋭意製作中だとのこと。
自分は合同例会に参加できませんが、多くの作品が並ぶ事と思われます。

スターウオーズシリーズも、かがみさん初め、
沢山の方が作っているようですし、
展示会ではスターウオーズだけで卓が埋まりそうな予感が…。

その分、AFVが弱いきが…。
求む!陸軍同志!!
いや、お前が作れって話ではありますが…(汗

H29-2-20それではまた次回の例会でお会いしましょう。
兄者でした!(・o・)ゞ



r-islandさんのおネーちゃん良いなぁ…。
探してポチッちゃおうかな…。



[ 2017/03/29 17:01 ] 例会報告 | TB(0) | CM(0)

平成29年 3月例会報告。その1。 

今年初めてのMPMCとしてのお祭りが始まりました。
これからイベントが目白押しに成ってまいりますね。

季節も冬から春に掛けて様変わりしてきているようですが、
自分は一切様変わりの様を呈していない兄者です。

3月の例会が行われましたので、御報告いたしますよ~。

平成29年3月例会報告

<日時> 平成29年3月25日(土)

<会場> サンライフ室蘭 2階第一講習室

<出席者>
○ コープスキー会長 ○ シュガー長官 ○kudopapa@副長 ○ギャオス事務局長 ○Skyhawk会員 
〇ファントムboy会員 ○かがみ会員 ○r-island会員 ○三五丸会員 ○Flanker会員 ○兄者

<事務連絡>
△次回4月例会は4月22日(土)です。
 GWに入ってきますので、1週早くなってます。
 お間違えのないように。


<例会風景>

H29-2-24コンペで皆さん燃え尽きたようで、
今月はあまり作品が多くなかったようです。

自分も人の事はいえませんが…(汗


<今月のお買い物紹介コーナー♪>

H29-2-22今月は新商品が少ないのか、
お買い物も少ない感じですね…。

それにしても飛行機は次々発売されていきますね。
AFVは冬の時代なんでしょうか??

H29-2-23こちらはkudopapa@副長から頂きました。
ピンクキャデラックオープンです!

kudopapa@副長さん、有難うございます。

ボディーカラーのピンクが非常に難しそうです…。


<作品紹介>

【コープスキー会長】
合同例会に向けて「モスキート」を手掛けました。
このまま合同例会までに何とか完成させたいと思います。
そういうわけで今月キットを作らなかった言い訳になりますが。(笑

【シュガー長官】
2月に宗谷を作ってたんですがそれ以降、身辺整理をして居りまして、模型を置いてある場所を整理をしておりました。
酷い状態だったものですから…。

何とかもう一寸何処に何が有るか分かる様にしようという事で色々と動かしたりなんだりして、漸く落ち着きました。
自分でも何処に何が有るか分からない状態でエ~と言うのがいっぱい出てきました。
そんな感じで今月は作品が無い状態でございます。

そろそろ皆さん合同例会に向けて…と言うお話がありますので
私も何か作らなければと思っている状態です。

【kudopapa@副長】1/225 レベル H.M.S. Victory
H29-2-09また例によって細かいもの持ってきております。(笑

いままでミニ帆船シリーズ、今から40年前だとか45年前だとか
平気で作ってたんですけど、これ何と2ヶ月前に売り出された新製品なんですよね。

ドイツレベルのかの有名なネルソン提督のHMSビクトリーなんですけれども素晴らしいモールドの玩具です。(笑
合いとかは良いんですけれども流石それ現代キットですけれども
スケールから言って省略が酷いです。

ありとあらゆる物が省略されているものですから、
本当は片側に50何門の砲があって蓋が開いてると格好いいんですが、全部閉まってて開けるのは自信なかったんで諦めました。

H29-2-08色んな窓が付いてるんですが、モールドが浅く一回スミイレしてみたんですが乗らない…。
なので全部ピンバイスで穴あけ直してます。

甲板も中の甲板が全く無視されているんで甲板まで作りました。(笑
何でそこまでやるかと言う…やりだしたら船の基本と言うのがあるものですから
それは抑えておかないと、船に見えなくなっちゃうんで。

マストは例によってFRPフルスクラッチになっております。
今年静岡に行って来ようと思ってまして、北國海軍工廠さんが向こうでクラブマイスターで出展のを取ってるんで是非この辺のを参加して欲しいとのことなのでこれを静岡に持って行こうかと思ってます。果たして出来るのやら…(汗

【ギャオス事務局長】1/35 イタレリ(旧マックス)
M1 155mm榴弾砲

H29-2-10登別から物引き上げてきてそれを整理したりしてると
中々手が付かないです。
なのでパタパタッとパーツの少ないものを作ってきました。

昔のマックスの155mm榴弾砲です。
金型がイタレリに行ってまして、昔は金属の砲身とスプリングが入ってましてちゃんと後座するようになってたキットですが、今は全部プラ製になってます。
ドラゴンワゴンと一緒に成ってました。

自衛隊で使ってまして、青森の駐屯地にまだ有ります。
前回、ファントムboyさんが作ってきたロングトムの1つ下になります。

H29-2-11この下に105mm、75mmと自衛隊で使ってました。
コツコツ作ってズラッと並べたら面白いかなと思ってました。

非常に大雑把な、一昔前のキット、二昔前のキットです。
射撃時はウインチで下げてタイヤを少し浮かせるようです。
撃った反動で後座、シルバーの部分が全部下がります。
自衛隊に配備されてるやつ見たんですが、1945年製とか46年製とか自衛隊にたくさんあって。
因みに初代のゴジラにも登場します。

ちょっとこれから自衛隊物もやりたいんですけれども
そろそろ自分も合同例会の作品に手をつけないと駄目かなと思ってます。


【ファントムboyさん】1/32 ハセガワ 中島 
零式艦上戦闘機 52型 丙

H29-2-19前回三菱の塗装で作りましたので、
それと並べる為に新しい長谷川のキットを製作。
中島仕様で濃緑色とラインの塗り分けが違うとか拘る人は拘るようですが。一応中島製ということにしました。

タミヤのも作ったのですが、それと比べると部品点数は1/3くらいです。
人によっては、1/48の拡大という余り良い評価ではないようですが…
ただ、1/48みたいに手軽に作って並べる分には非常にいいんじゃないかという事で、ハセガワには今後この路線を続けて欲しいなと思います。

H29-2-18マーキングは日本海軍のトップエース『零戦虎徹』こと
、『岩本徹三少尉』にしてますけれども、
ただ、撃墜マークとかこの当時殆ど無かったみたいで
非常に地味ですね。(笑

以前作った40年前発売の旧版と日買うすると、
新しい考証が盛り込まれた秀作ですが、
私としてはフラップぐらい別パーツにして欲しかったんですけども
そこらへんの遊びが全然無くて…部品点数抑える為か、価格を抑える為か。

拘ったのが表面退色したような感じにするのに、
金属で無い部分にタミヤのスミイレグレーを入れて再現してみたりとか、「はげチョロ」を少し再現したぐらいで。
シートベルトはファインモールドの別売りを使用してます。
何せ作られてすぐ終戦になってしまったので余り派手な塗装剥げとかは無かったのかなと。

[ 2017/03/29 16:00 ] 例会報告 | TB(0) | CM(0)

第7回 会長杯 MPMCコンペ テーマ『1950年』 その4。 栄冠は誰の手に! 

以上、コンペ作品14作品が集まりました。
今年のどの作品が栄冠を受けるのでしょうか!

入賞の方の発表です。
誠に勝手ではございますが、上位3名の方に絞らせて頂きます。


それでは発表いたします!!!


先ずは第3位!
((((;゚Д゚))))ドゥララララララララララ(ドラムロール)

ヽ(゚∀゚)ノ ジャン!!!

エントリーNo.10 r-islandさん作
『ダグラス A-1 スカイレーダー』
オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

続いて第2位!

惜しくも優勝を逃してしまいましたが、大健闘の第2位は…
((((;゚Д゚))))ドゥララララララララララ(ドラムロール)

ヽ(゚∀゚)ノ ジャン!!!

エントリーNo.12 Flankerさん作
『F86F セイバー』
∩(´∀`∩) ワッショーイ ワッシ ∩( ´∀` )∩ ョーイ ワッショーイ (∩´∀`)∩

何と、去年の覇者Flankerさん防衛ならず!!
r-islandさん、Flankerさんを抑えて栄光を手にした方は、一体誰なのか!?

さぁ、全14作品の中から選ばれし、栄誉ある作品の作者は…
いよいよ発表です!!

第7回 会長杯 MPMC会内コンペ 最優秀作品は…

((((;゚Д゚))))ドゥララララララララララ(ドラムry


((((;゚Д゚))))ドゥララララララララララ(ドラムry


((((;゚Д゚))))ドゥララララララララララ(ドラムry


((((;゚Д゚))))ドゥララララララララララ(ドラムry

ヽ(゚∀゚)ノ ジャン!!!

エントリー№… … …

エントリーNo.11 三五丸さん
『日本郵船 氷川丸』!!!!!!

オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!! オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!! オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!
オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!! オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!! オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

今回の会内コンペの優勝者は、三五丸さんが優勝しました!!
おめでとうございます!!

優勝者の三五丸さんには、大事な大役が待ってます。
『第8回 会長杯 MPMC会内コンペ テーマ決め』が待ってます。

今回のコンペ入賞者の方々には、ステキな(?)商品が送られました。
では、入賞された方々のステキな笑顔をご覧下さい。(※プライバシー保護のため、画像一部編集してあります。御了承ください。)
compe2017-18.jpg compe2017-19.jpg
compe2017-20.jpg compe2017-21.jpg
compe2017-22.jpg compe2017-23.jpg compe2017-24.jpg

さて、いよいよ次回のコンペテーマが決まったようです。
会員一同、『1/350の船』じゃないかとか、勝手な憶測で戦々恐々としてましたが。(笑
お待ちかねの第8回 会長杯 会内コンペテーマは…

『国産』に決まりました!!

レギュレーションとしては、『模型の元となったものが、全て国産である事』だそうです。

例えば…模型メーカーが国産で、模型の元となったのが外国産はNG。

タミヤの零式⇒OK タミヤのファントム⇒NG といった感じです。
ファントムは国産ではないのでNGと言う事ですね。
模型メーカーが外国産であっても、その模型の元となったものが国産であればOKです。
アニメ関係は殆どがOKと思われますが、『ガルパン』は大洗高校の車輌はNG。
知波単学園の車輌は日本軍の車輌の為OKと成ります。
船関係では、旧日本海軍の軍艦は金剛などはNGですね。アレは純日本産ではないので…。

と言った訳で、純国産のものオンリーとなります。
さて、来年はどのような純国産物が出てくるのでしょうか?
では皆さん、来年のコンペでお会いしましょう。兄者でした!(・o・)ゞ

made in Japan!!!


<お ま け>
compe2017-26.jpgかがみさんの作品と、えぼっちさんの作品のコラボレート。

まさに50’Sと言った感じですね。(笑
後ろにTVステージのようなものが有ればもっと良かったのですが。(汗

[ 2017/03/20 23:09 ] MPMC会内コンペ | TB(0) | CM(0)

第7回 会長杯 MPMCコンペ テーマ『1950年』 その3。  

compe2017-14.jpgエントリーNo.11 三五丸さん作
『日本郵船 氷川丸』

・スケール 1/350
・メーカー ハセガワ

・作者コメント

私が持っている唯一の「1950年代」に該当する艦船です。
「氷川丸」は、昭和5年に竣工し1941年まで貨客船として
1万人の乗客を運び、また戦時中は特別病院船として海軍に徴用され、3万人の戦傷病兵を日本に運び、
更に終戦後は2万人を復員輸送しました。

終戦まで生き残った最大の民間船「氷川丸」は1950年代に再び客船として使用され、
1960年に引退するまでの間に1万5千8百名の乗船客を運びました。
1961年に引退し山下公園桟橋に繋がれ、現在は「日本郵船歴史博物館・日本郵船氷川丸」として公開されています。

沢山の出リックがありながら、エッチングパーツが滑車だけでワイヤーが表現されていないのは
なんとなく寂しいので、張り線とともにワイヤー張りに挑戦しました。
ピンと張るのはやはり慣れが必要です。(これから頑張ります…。)
また、白の塗装は下地が透ける為中々大変でした。
木製甲板を購入していたのですが、細かい部分が後日剥がれるのではと思い塗装することにしました。
ウエザリングがこれも未熟なので少しだけです。
何とかケースも含めコンペに間に合わせる事ができました。

compe2017-15.jpgエントリーNo.12 Flankerさん作
『ノースアメリカン F86F セイバー』

・スケール 1/32
・メーカー ハセガワ

・作者コメント

『1950年代』と言うテーマは、私の生まれた年と言う事で決めてしまいました。
真っ先に朝鮮戦争のF86Fセイバーが浮かびました。
原型のXP-86は1947年、決定版のF86Fは1952年に初飛行。
適当なキットが無く、ネットで検索して購入しました。
4980円で2月のコンペも迫る1月19日に購入。1974年(43年前!)に発売されたものです。

キット…凸モールド。細かいリベットがびっしりで、基本のパネルラインも凸。
     基本の細かいモールドを生かすため、合わせ目で消えた部分だけは再現。
     黒サフ、ブラック下地でシルバー塗装。
     シルバー塗装後、コンパウンドで軽く剥がしてパネルライン、リベットを浮かび上がるように。
     そのままだとアルミ鋳物の様な感じになるので、表面に変化を出した。
     自衛隊機はあんまりピカピカの銀でもないので程々にしました。

デカール…黄バミがひどい。脆くてバラバラに成るので大変。
       黄色縁の日の丸、シリアル番号は塗装。垂直尾翼マークもマスキングで。
       コーションマークなどのデカールは注文しましたが入手できず。
       「リキッドデカールフィルム」と言う製品も有るようですが絶版。
       クリアーをデカール表面に吹いて補強すると何とか使用できた。
       デカールは非常に薄く、シルバリングは無し。

胴体後部…後部は分割していたのを塗装ご接着。
        前後分割したかったが、どうしてもガタつくので塗装後に接着。
        段差が結構出たので再度段差をパテ埋め、再塗装。

組み立てに関して…流石にハセガワ。古いが合いはまぁまぁ。
             只やはり最新のキットとは違う。チェコ製とは違うがそれなりに大変でした。

完成して…昔憧れのキット。1/32でボリューム感が有り満足です。


compe2017-16.jpgエントリーNo.13 えぼっちさん作
『CHEVY ’55』

・スケール 1/32
・メーカー モノグラム

・作者コメント

締め切り迫る中、’56年の1/24を作るか、
’55の1/32を作るか迷った挙句
部品数の少なさに釣られて’55年の方のCHEVYを作る事に。
部品数が少ないのは「SNAP Kit」だから…。
パチパチ組めるはずが、穴位置合わないやら、
凹みやらで修正が大変。
また、肉抜きが多くタイヤまで肉抜きされてて、そのままを決め込みました。(汗

塗装はガイアのストーングリーンに白を混ぜてパッケージ風を再現しました。
ボディ磨きは、またも失敗し研ぎ出し中に下地が見えてくる…。
全塗しなおしで磨き時間も無くなり残念な仕上がりに。
窓枠等のシルバーは、展示会の際に「良いよ~」と教わったフィニッシャーズのクロームシルバーを使用しました。
同じシルバーですが、ホイールはガイアのスターブライトシルバーを使ってみました。

本来はギミック仕込みのために用意した100均の箱も色をプラスしてベースにしました。
ギミックを諦めた時点で無しにしようと思いましたが、
ためしに写真に撮ると無いよりも見栄えがする気がしたので乗せる事にしました。

もうモノグラムのスナップキットはお腹一杯です…。

compe2017-17.jpgエントリーNo.14 兄者作
『東のスバル、西のワーゲン』

・スケール 1/32
・メーカー アリイ

・作者コメント

1950と言う事で、国産車を作ろうとひとまず調べていたら、
スバル360が1950年代の車だと言う事でチョイス。
で、その中でスバル360とVWビートルの対比のチラシが目に入ったので、
それを再現したくて作りました。
チラシのように上下で展示したかったのですが、
上手くいかず結局台の上に置くようになってしまいました…。


以上、今年は14作品が集まりました。
さて、今年はどの作品が大賞を取るのでしょうか。
そして、来年のコンペのテーマは、一体どのようなテーマになるのでしょうか?
結果は次回発表いたします。
お楽しみに!!
[ 2017/03/19 21:58 ] MPMC会内コンペ | TB(0) | CM(0)