室蘭プラモ愛好会の例会の作品紹介をつらつらと更新。

平成29年 1月例会報告。その3。 

【三五丸会員】 アオシマ 1/350 重巡洋艦 羽黒

h29-1-29.jpg11月の末から2隻作ったんですけれども、
作ってる最中に1950年のコンペテーマがあるのを思い出しまして
3月のつもりしていたら、調べ直すと2月という事で今慌ててます。

作品は重巡の羽黒でアオシマのキットです。
1941年の当時のと44年当時の2タイプ選べるように
キットの中に入ってまして、
甲板の部分が近代化装備をして違います。

44年のタイプで作ろうと思って作ってる最中に
うっかり艦橋の部分の甲板が『41年の甲板を貼り付けてしまった』後に気が付いて、
使っていない44年のタイプに合わせるのに苦労しました。

h29-1-28.jpg剥がす事できなかったので…(汗
このタイプのリノリウムの線をマスキングするのが
手間が掛かる程度で、今まで妙高だとかその他作ってるんで
結構楽に作れました。

ピットロード 1/350 海上自衛隊 ミサイル艇 はやぶさ

h29-1-30.jpg今回初めて「海上自衛隊ミサイル艇 はやぶさ」を作りました。
排水量200トンの船で、偉く小さい艦だなと。

ただ、後ろについている対艦ミサイルで、
羽黒は一発でやられちゃうんじゃないかなと。

小さいから楽かなと思ったんですけれども、持てないんですね。
持つとエッチングパーツの手すりの所に
手がかかって中に曲がって入ってしまい、
何回も手すりを直すハメになりました。

海上自衛艦の艦を少し買ってるんですけど、
大きさがあまり大きくないんで

h29-1-31.jpgこれから自衛艦の方も作って居こうかなと思ってます。

ピットロードのは凄く作りやすいです。
殆どピタッピタッと合うんで作りやすいんですが、
エッチングパーツを使うときにはちょっと苦労しそうな感じです。

張り線はエッチングパーツで入ってたんですけれども、
グチャっと潰してしまったんで、張り線でごまかしてます。(笑


【かがみ会員】
今日もいつも通り手ぶらです。(笑
去年の末の持ってきたものはそのままです。(笑
仕事と家族サービスとまた仕事とと言う邪魔が入ってきて
2月のコンペの事もああでもない、こうでもないということに
多分最後の最後まで何するかって言う悩んでるところです。(笑

【裸王会員】
暇見ながらボチボチ弄ってはいるんですけれども、落ち着きが無く集中しきれない
…ちょっと駄目ですね…。頑張ります。

【ペガサス会員】 タミヤ 1/24 NSX
h29-1-27.jpgホンダのNSX 2015年1月に
デトロイドショーでデビューした物です。

実車はハイブリッドで、前輪にモーターが2つ付いてまして、
後ろのミッションが9速ミッション。
エンジンよりモーターのほうがデカイ。

キットではエンジンは再現されてますが、開けて見れません。
普通はディスプレイ用にハッチが開いて見れるんでしょうが、
タミヤのは開きません。そこがチョット勿体無いなと。

色は新しい色のようで「TS-95 ピュアメタリックレッド」という
NSX用のスプレーが出まして、

h29-1-26.jpg寒いのでそのまま吹くとベタベタに成ってしまいまったので
再度剥がしてエアブラシで塗装しました。
部屋の温度が10℃ほどしか無いので、
何日も掛かって乾かしました。

エンジンとかも全部去年暮れから正月明けまで
19連休もあったのでずっと作っていました。(笑


【兄者】 タミヤ 1/35 シムカ5
h29-1-32.jpg以前人様から頂いたキットで、
白箱…所謂テストショット品です。
テストショットと言いながらも、流石タミヤ。
バチピタで組みあがります。
ただ、ステアリングリンクの部分の取り付けがイマイチ分からず、
何度かくっ付けたり外したりを繰り返しましたが…。

この辺は、製品版では分かりやすくなってると思いますが。

パーツ数は非常に少なく、あっという間に形になります。
非常に作りやすいキットで、大きさも小さく手ごろなので、
初心者の方にもお勧めかと。

h29-1-33.jpg自分のはテストショット版のため、
ウインドウの取り付けがイマイチでした。
余白部分が少なくて、接着剤がはみ出たり…。

余白といえば、デカール。
ラディッシュさんのMigと同じく、デカールが1つも切れてません。(笑
なので、全部切り出さなければならなかったです…。
そのため、余計な余白が…。

大きさは非常に小さく、1/48と見間違うほど小さいです。
今回は、スタッフカーとして作りましたが、
いつか民間仕様で作りたいですね。


<例会全体風景>
h29-1-39.jpg今年初めての例会という事で、
皆さん気合が入った作品が沢山に成りました。
空・海・陸・宇宙と実に全てのカテゴリーの作品が集まったようです。

中でもスクラッチ、セミスクラッチに近い作品、
新商品、金属パーツてんこ盛りと、これまたバラエティーに
富んでいる作品ばかりというのも面白いですね。

h29-1-36.jpgさて、いよいよ来月は伝統の2月!

MPMC 会長杯 会内コンペが開催されます。
何と今年で早くも7回目となりました。

今年のテーマは『1950年』

来月はどんな『1950年』のテーマに掛けた作品が
出品されるのでしょうか?
今からワクワクが止まりません!

h29-1-37.jpg第7回 会長杯 MPMCコンペ
その栄冠を手にするのは一体どの作品で、製作者は誰なのか!?
前年度の栄光を手にした者が、防衛するのか、
はたまた過去の王者が奪還するのか!?
そのどちらでもない、新たな王者が誕生するのか!?

期待は膨らむばかりです!
ではまた、来月の例会、会内コンペでお会いしましょう!
兄者でした!(・o・)ゞ

カミナリ族が熱いぜ!!

[ 2017/02/10 20:50 ] 例会報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する