室蘭プラモ愛好会の例会の作品紹介をつらつらと更新。

平成29年 1月例会報告。その2。 

【Skyhawk会員】 スペシャルホビー 1/48 IMAM RO44

h29-1-23.jpg1月の例会に持ってきて落としまして、
色々パーツが折れてしまったんですけれども
全部真鍮線差し込みまして補強しまして一応完成しました。

糸貼りが非常に面倒臭そうだし、
糸貼りと言えばシュガー長官に最後頼もうかなと
思ったんですがやってみたらですね、意外と楽しかったですね。
片側2本の糸を使いまして再現しました。

糸はウイングナットウイングスのやつで、
知らなかったんですが伸びるんですね。
非常に伸びる良い糸で非常に張りやすかったです。
貼ったらたわまないですし。

h29-1-24.jpg瞬間接着剤で留めながらやりました。
やってみたら意外と簡単だなと思ってこれからの複葉機は
全部張船線してみようかなと。(笑

キットは本来であれば去年の『イタリア』のコンペに
出すはずだったんですが、一年ずれて完成しました。(笑

キットはスペシャルホビーでまず合わない。本当に合わない。
出来上がればそれなりにいいかなというかんじですが。
とにかく合わない。プロペラを回すとぶつかる。(笑
良く分からないキットです。(笑

イタリアのRo44いう水上戦闘機なんですが、
調べてみたら「艦これ」にも出てるようです。
シルバーはレベルの8番に若干白を足したものを塗装してます。

1/144 ハセガワ YS-11
h29-1-11.jpg青森の新年会のテーマが「日本」という事だったので
日本が誇るYS-11という事で、量産第一号機8610です。
一応、5位を頂きました。

YS-11はコレで6機目。やっと6機。
全部ライフワークで作ると182機あります。
後176機作らなければならない。
定年して月1作作ったとして15年。
コンプリートしようかと夢を持ってやってるYSです。

プロペラの一部デカールがまだ貼り切れてませんが。
作った事ある人なら分かると思うのですが、
このプロペラにデカール貼るのが一番難しい。

h29-1-12.jpgそれなければパパッと出来るのですが、デカール貼るだけでもの凄い時間が掛かる。
一枚に裏表で16枚貼らなければ成らない…。
これからチマチマと貼ろうと思います。
絶対8枚は一発で貼れないので、2機分デカール必要になります。(笑


【ラディッシュ会員】ツクダ 1/72 Mig-31(もどき)
h29-1-05.jpg今回は3点持って来ました。
ミグ31…と言うキットなんですけれども「もどき」ですね。

ツクダという所が昔ソ連機をぽろぽろ出していた、
かなり昔のやつなんですけども
そのうちの1つで資料が少なかった時代なんで
かなりミグ25を参考にしてそれを改造したような形で
作られてるんですけれども、致命的に似てないですね。(笑

実際の物を見ると分かるんですけれども、
機首の形が本当は円錐形でなければいけないのに
丸くなっててキャノピーも全然こんなに丸くないんですね。

h29-1-06.jpg
尾翼の取り付け位置が内側に寄り過ぎているのと、
それから裏のミサイルがかなりくっ付いて居るんですけれども、
コレ本当は「半埋め込み式」なんですよ。
腹部にくっ付いて居る訳ではないんですよ。

まぁ、その辺なら直してやろうかと思ったんですけれども、
よく見たらタイヤがミグ25と同じサイズのものが付いてますけど、
実はコレの半分ぐらいの直径のタイヤなんですよ。
実はかな小さいサイズのタイヤがダブルボギーで付いているんですね。
なので多少直したところでどうしようもないという代物です。(笑
ぱっと見たらそれっぽいんですが。(笑

デカイので迫力は有るんですけれども、ナンチャって…架空機に近いという代物です。
それだったらそれでと思ってそのまま作っちゃいましたけれども結構楽しかったです。
こんなもんだという事で。
やっぱり完成させてなんぼの代物なので。
キャノピーの枠はデカールでシールの部分を再現してます。
割と直線が多いので簡単にチョコチョコとやれました。
透明のデカールにカッパーを吹いてそれを細切りにして貼って有ります。
そんなに難しくはありませんでしたが、それでも1時間ほど掛かりました。

スカラベ 1/72 Mig-9
h29-1-08.jpg昔持っていたやつは、誰かにあげてしまったので
ネットで購入しました。
とにかく手作り間が凄い。(笑
これコンパチキットで別々な機体が作れます。

この飛行機面白くて、機関砲が吸気口の真ん中に付いてるんですけれども、これを撃つとエンジンが止まるという…(笑

実戦に配置したときは機関砲を使うのは禁止だったそうです。
ネットで見ても、撃つと機関砲の硝煙が入ってコンプレッサーストールを起こすということでした。(笑
それに比べれば、M型の方がましなのかなと。

h29-1-04.jpg簡易インジェクションではなく、キチンとしたインジェクションです。実は。

裏側を見ると双発です。
『ユモ004』のコピーを1発じゃ全然推力足りないので2つくっ付けたという…。
結構その当時の高速機だったようです。

非常に速くて、中国でもこれを買って随分使ってたらしいです。
朝鮮戦争最初の時に実戦参加したこともあるらしいです。
結局Mig-15の方が有望視されたんで、
コイツは途中で終ってしまったんですが、
その前に作られた機体で、数年の間しか開いてません。
結構性能は良かったらしいです。

スカラベ 1/72 Mig-9M
h29-1-07.jpgスジボリは自分でしました。
そうしないと全部消えてしまうので…。
凄く隙間開くので有名なキットです。
出来上がってみると結構いい感じで、エポキシパテで埋めると綺麗になります。

デカールは役に立たなかったので、自分で作りました。
このデカールも面白くて、余白が有りません。(笑
…ていうか、全部一枚のシートになってます。(笑
切れてません。更に白が別に印刷されてて、
先に切って貼ってからその上に赤いやつを貼れという
そういうデカールです。

h29-1-03.jpg


【r-island会員】バンダイ 1/144HGUC 陸戦型ジム
h29-1-20.jpg今とりあえず会内コンペ向けのものを作ってるんですけれども
色々失敗も一杯しているのでちょっとうんざりしまして…。

それに向けての材料を買いに、幌別にあるアポロにいったら
新製品で陸戦型ジムのHGUCがでていまして、
そんなに買うつもりは無かったんですけれども
1200円コレくらいなら買ってもいいかなぁ…
と思って買ってきました。
『ガンダム 08小隊』と言うミリタリーチックな
OVAで出てる奴なんですけれども、
金型の関係で新金型で出さなきゃなんないので、
コレは出ないだろうとか言ってたんですけれど
新金型で出ると言う事でファンは喜んでたんですが、

h29-1-21.jpgネットで見てたらかなり叩かれてるキットです。
スマートすぎるとか、何か細身過ぎるだろうとか。

最近ガンプラ作りに関わっているデザイナーの人が
モデラーの人なんですけれども、
それが結構槍玉に上がってる感じはあります。
自分はそんなの関係ないと思ってるんで、
格好いいんじゃない?と思ってるんで、
もうちょっとどっりとしても良いんじゃないと思ってますが。

パチパチッと組んで、まだ全部面出し終わってませんが面出しして
まぁ後はさらっと塗ってサックリお気楽に作ろうかなという感じです。もうちょっとボリュームアップしてやろうかなと。

膝の滑り止めだと思うんですが、これが余りにも奥行きが浅すぎたんで、
エッチングソーで切断してプラ板でかさ上げやってます。
余り力掛けないように使用かなと思ってます。
[ 2017/02/10 20:49 ] 例会報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する