室蘭プラモ愛好会の例会の作品紹介をつらつらと更新。

平成29年 3月例会報告。その1。 

今年初めてのMPMCとしてのお祭りが始まりました。
これからイベントが目白押しに成ってまいりますね。

季節も冬から春に掛けて様変わりしてきているようですが、
自分は一切様変わりの様を呈していない兄者です。

3月の例会が行われましたので、御報告いたしますよ~。

平成29年3月例会報告

<日時> 平成29年3月25日(土)

<会場> サンライフ室蘭 2階第一講習室

<出席者>
○ コープスキー会長 ○ シュガー長官 ○kudopapa@副長 ○ギャオス事務局長 ○Skyhawk会員 
〇ファントムboy会員 ○かがみ会員 ○r-island会員 ○三五丸会員 ○Flanker会員 ○兄者

<事務連絡>
△次回4月例会は4月22日(土)です。
 GWに入ってきますので、1週早くなってます。
 お間違えのないように。


<例会風景>

H29-2-24コンペで皆さん燃え尽きたようで、
今月はあまり作品が多くなかったようです。

自分も人の事はいえませんが…(汗


<今月のお買い物紹介コーナー♪>

H29-2-22今月は新商品が少ないのか、
お買い物も少ない感じですね…。

それにしても飛行機は次々発売されていきますね。
AFVは冬の時代なんでしょうか??

H29-2-23こちらはkudopapa@副長から頂きました。
ピンクキャデラックオープンです!

kudopapa@副長さん、有難うございます。

ボディーカラーのピンクが非常に難しそうです…。


<作品紹介>

【コープスキー会長】
合同例会に向けて「モスキート」を手掛けました。
このまま合同例会までに何とか完成させたいと思います。
そういうわけで今月キットを作らなかった言い訳になりますが。(笑

【シュガー長官】
2月に宗谷を作ってたんですがそれ以降、身辺整理をして居りまして、模型を置いてある場所を整理をしておりました。
酷い状態だったものですから…。

何とかもう一寸何処に何が有るか分かる様にしようという事で色々と動かしたりなんだりして、漸く落ち着きました。
自分でも何処に何が有るか分からない状態でエ~と言うのがいっぱい出てきました。
そんな感じで今月は作品が無い状態でございます。

そろそろ皆さん合同例会に向けて…と言うお話がありますので
私も何か作らなければと思っている状態です。

【kudopapa@副長】1/225 レベル H.M.S. Victory
H29-2-09また例によって細かいもの持ってきております。(笑

いままでミニ帆船シリーズ、今から40年前だとか45年前だとか
平気で作ってたんですけど、これ何と2ヶ月前に売り出された新製品なんですよね。

ドイツレベルのかの有名なネルソン提督のHMSビクトリーなんですけれども素晴らしいモールドの玩具です。(笑
合いとかは良いんですけれども流石それ現代キットですけれども
スケールから言って省略が酷いです。

ありとあらゆる物が省略されているものですから、
本当は片側に50何門の砲があって蓋が開いてると格好いいんですが、全部閉まってて開けるのは自信なかったんで諦めました。

H29-2-08色んな窓が付いてるんですが、モールドが浅く一回スミイレしてみたんですが乗らない…。
なので全部ピンバイスで穴あけ直してます。

甲板も中の甲板が全く無視されているんで甲板まで作りました。(笑
何でそこまでやるかと言う…やりだしたら船の基本と言うのがあるものですから
それは抑えておかないと、船に見えなくなっちゃうんで。

マストは例によってFRPフルスクラッチになっております。
今年静岡に行って来ようと思ってまして、北國海軍工廠さんが向こうでクラブマイスターで出展のを取ってるんで是非この辺のを参加して欲しいとのことなのでこれを静岡に持って行こうかと思ってます。果たして出来るのやら…(汗

【ギャオス事務局長】1/35 イタレリ(旧マックス)
M1 155mm榴弾砲

H29-2-10登別から物引き上げてきてそれを整理したりしてると
中々手が付かないです。
なのでパタパタッとパーツの少ないものを作ってきました。

昔のマックスの155mm榴弾砲です。
金型がイタレリに行ってまして、昔は金属の砲身とスプリングが入ってましてちゃんと後座するようになってたキットですが、今は全部プラ製になってます。
ドラゴンワゴンと一緒に成ってました。

自衛隊で使ってまして、青森の駐屯地にまだ有ります。
前回、ファントムboyさんが作ってきたロングトムの1つ下になります。

H29-2-11この下に105mm、75mmと自衛隊で使ってました。
コツコツ作ってズラッと並べたら面白いかなと思ってました。

非常に大雑把な、一昔前のキット、二昔前のキットです。
射撃時はウインチで下げてタイヤを少し浮かせるようです。
撃った反動で後座、シルバーの部分が全部下がります。
自衛隊に配備されてるやつ見たんですが、1945年製とか46年製とか自衛隊にたくさんあって。
因みに初代のゴジラにも登場します。

ちょっとこれから自衛隊物もやりたいんですけれども
そろそろ自分も合同例会の作品に手をつけないと駄目かなと思ってます。


【ファントムboyさん】1/32 ハセガワ 中島 
零式艦上戦闘機 52型 丙

H29-2-19前回三菱の塗装で作りましたので、
それと並べる為に新しい長谷川のキットを製作。
中島仕様で濃緑色とラインの塗り分けが違うとか拘る人は拘るようですが。一応中島製ということにしました。

タミヤのも作ったのですが、それと比べると部品点数は1/3くらいです。
人によっては、1/48の拡大という余り良い評価ではないようですが…
ただ、1/48みたいに手軽に作って並べる分には非常にいいんじゃないかという事で、ハセガワには今後この路線を続けて欲しいなと思います。

H29-2-18マーキングは日本海軍のトップエース『零戦虎徹』こと
、『岩本徹三少尉』にしてますけれども、
ただ、撃墜マークとかこの当時殆ど無かったみたいで
非常に地味ですね。(笑

以前作った40年前発売の旧版と日買うすると、
新しい考証が盛り込まれた秀作ですが、
私としてはフラップぐらい別パーツにして欲しかったんですけども
そこらへんの遊びが全然無くて…部品点数抑える為か、価格を抑える為か。

拘ったのが表面退色したような感じにするのに、
金属で無い部分にタミヤのスミイレグレーを入れて再現してみたりとか、「はげチョロ」を少し再現したぐらいで。
シートベルトはファインモールドの別売りを使用してます。
何せ作られてすぐ終戦になってしまったので余り派手な塗装剥げとかは無かったのかなと。

[ 2017/03/29 16:00 ] 例会報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する