室蘭プラモ愛好会の例会の作品紹介をつらつらと更新。

平成30年5月例会報告。 その3。  

【ラディシュ会員】Amodel 1/72 IL-40 & IL-40P
H30-05-20.jpg息子もようやく独り立ちしてくれたので私は心置きなく…
と言いたいところなんですが
まだ全然札幌に来てから1つも完成せずということで。

結局前の前の展示会に持ってきて以降、
お披露目するの忘れていたのを2つと
別海で一番最後に作った機体を持って来ました。

展示会に持っていったんですが、
そのとき以来仕舞い込んでたんですけども…
実は前の脚がイモ付けで付ける様になってます。
支柱とフォークが僅かな2点で支えられる訳が無い。
此処は真鍮線で補強してあります。

H30-05-21.jpg根元もそうなんですけども、それだけに中々おっかなくて
持って歩けないんですね。
オマケにどう見たってテールヘビーなんですよ。
だから結構な重りが入っていて、持つと結構重たいんです。
それを支えられるだけの強度が考えられていないと言う…。
まぁAモデルらしいといえばらしいのですが。

機首の部分がコンパチになっていてですね、
前期型と後期型の『P型』を選べます。
何でそうなったかと言うと、機首に機銃が付いてまして、
ババッと撃つと初期のジェット機にはよく有ったんですけど、
排気ガスがインテークの中に吸い込まれて
そこでサージングを起こすんですね。

H30-05-22.jpgそういうことで機首で機関銃を撃つと
この飛行機飛べなくなって墜落しちゃう。
これはまずい。じゃぁまずいならこれをどうするか?
といったら空気取り入れ口を一番外に安直に伸ばしてですね
機銃をその後ろにくっ付けたというこういう代物なんですね。

こういうのって、アメリカもやってるんですね。
機銃発射したら、自分の撃った弾で落ちちゃった飛行機とか
妙な自慢している飛行機もあったりします。(笑
弾の速度を越えた飛行機とか訳の分からない自慢でしたけど。

いずれにしても設計が良くなかったと言う事ですね。
1/72ですが相当デカイ代物なんですけども

H30-05-23.jpgイリューシンII シュトルモビクの後継機、
要するにそれをジェット化したらどうなるか?
と言う事で作った機体です。
裏側に爆弾槽とか着いてます。襲撃してやろうと言う。
スピードは出るかなと言う事なんですが、
この翼の厚さがとてもじゃないけど
スピードの出るような翼ではないと言う。(笑

なので何を狙って、オマケに後退翼化すると
色んな悪癖が出るんですよね。
襲撃機で有名なA-10なんかは直線翼ですよね。
あっちの方が向いてるんですよ、実は。
ところが何でわざわざ後退翼にしてスピードを出すようにしたのか謎です。
多分アピールのためにこうしたと思われます。
スピードを上げると命中率が悪くなりますので襲撃機とは逆なんですよ。
オマケに重心が後ろに来て色々武装積むとえらい事になるのに訳の分からないコンセプトなので、
試作で終わってしまったと言う代物ですね。


エッシー 1/48 Su-7 BML
H30-05-24.jpgエッシーのキットなんですが割りといいキットで
なんとかサクサク作れて今回持ってきました。
Su-7ですね。

かがみさんが昔作って持って来た記憶が有るんですが…。
非常にらしいキットで、翼が厚いのを除けば
まぁまぁイケるかなと。
1/48もいいなぁ…と言う事で、1/48に走りつつあります。(笑

H30-05-25.jpg


【ラディシュ会員 御子息】
勉強が終わり就職も出来て、いよいよ模型作れるかと思って5年ぶりに模型の箱を引っ張り出して
どれ作ろうかなぁ…といった感じです。
来月何か車の模型1つ作って持ってこれたらなぁと言うのと、
出来は稚拙というか、あまり良くない物だと思いますけど作ってこようかなと思ってます。

【兄者】エッシー 1/35 デマーグD7 & イタレリ 1/35 ネーベルヴェルファー
H30-05-26.jpg初めはサックリと作れる物をと思って、ネーベルヴェルファー
作ってたんですが、それだけだと何か寂しい感じがしたので、
デマーグも製作し始めました。

ネーベルヴェルファーはイタレリで、デマーグはエッシー製です。
ネーベルヴェルファーは部品数も少なくて、
ストレス無く組むことが出来たのですが…。

デマーグは結構苦労してます。
エッシーのキットなので、流石にパチピタとは行きません。
劣化の所為か、パーツが反っていたり合わなかったり…。
フェンダーの横に排気マフラーのパーツが付くんですが、
その部分が合わずに無理やり合わせたら、

H30-05-27.jpgフェンダーパーツが折れて、
泣き泣き修復したりと苦労が耐えないキットです。

最近は、タミヤ/イタレリとかドラゴンから出てますので
そちらを作った方が精神衛生上良いと思われます。

片側だけにしかキャタが着いてませんが、
実はポリキャタが途中で切れてしまってまして、
それをどう修繕したら良いか途方にくれている状態です。

もう一台、同じエッシーのデマーグの赤箱があるので、
来月までには2両とも完成させて来たいと思います。


<例会全作品風景>
H30-05-28.jpg今月は冒頭にも書きましたが、
ラディッシュさんの御子息が遊びに来てくれたり、
ギャオス事務局長の静岡ホビーショーのお土産話で
盛り上がった例会となりました。

静岡ホビーショー行って見たいのですが、
如何せん懐が寂しい私としては、
『遠くにあって思ふもの』状態です。
実車のキューベルとか、シトロエンとか見たいですね。

…ただ、私人ごみが苦手なので、発狂しそうではありますが…。
ではまた来月、例会でお会いしましょう!
兄者でした。(・o・)ゞ

[ 2018/05/27 20:14 ] 例会報告 | TB(0) | CM(0)

平成30年5月例会報告。 その2。  

【ファントムboy会員】タミヤ 1/35 M1 スーパーシャーマンイスラエル軍仕様
H30-05-10.jpg4月に引っ越してやっと製作と塗装の環境が出来ましたので
リハビリと言う事でタミヤの1/35のM1 スーパーシャーマン イスラエル第七機甲師団です。

第二次中東戦争 1956年までは
まだこのオリーブドラブ塗装だったみたいで
キットの説明書では「茶色が強いオリーブドラブ」
と言う指定だったんですけども、
同じ指定のタミヤので塗ると、
緑色が強くなってしまって下地が濃すぎたかな?
もうちょっと緑が強いオリーブドラブにすれば良かったかなと。

タミヤの新しいキットなので、何も考えずにサクサク作って

H30-05-11.jpg前回の例会の次の日から作って
1ヶ月経たないで出来上がりました。何も手は加えてません。
相変わらずフィギュアの塗装が上手く行かなくて
いつも悩んでます。

1つ手を入れたところが戦車長のハッチのペリスコープの所で、
省略されてしまってるんで、最近新しく出た朝鮮戦争のEz-8に
このパーツが付いていたので、1つ取って削ってつけました。

新しい朝鮮戦争版も非常に出来が良くて
砲塔はそのまま流用かと思ったら、
全く別な新規金型で作ってまして凄いです。
本当1ヶ月で作れそうな感じで次回は挑戦したいなと思っています。


【三五丸会員】ハセガワ 1/350 旧日本海軍 航空母艦 隼鷹
H30-05-12.jpg先月持って来た隼鷹ですが
今回、八戸の方に一緒に会長・長官と見学に行こうと思いまして、
そのときに八戸の展示会に出させていただこうと思って
一応完成させましてこれを持って行こうと思っています。

隼鷹は計画では飛行機48機と書いてあったんで
48機全部一応作ったんですが、天山と彗星、
零戦21型と52型だったかな?
それぞれ12機実際にはそれぞれの数違うみたいですけども、
合計48機作ってみようと思い作って載せてみたら
載りませんでした。(笑

実際には格納されているのが何機かあったようで、

H30-05-13.jpg向こうで載せれるだけ載せてみようと思ってます。

今回空母の張り線も初めてやってみたんで、
家から例会会場まで持って来る間に壊れなければ
大丈夫だろうと思って試しに今日此処まで持って来ました。

ところが会場に置いた途端に自分の手をぶつけて壊してしまって、
後で張り線張り直ししなければいけないです。(笑


ローデン 1/32 デハビランドDH2
H30-05-14.jpg合同例会用に作ってる複葉機なんですけども、
この複葉機、プロペラ部分の作り方が説明書読むと変なんですね。

エンジンのシリンダーの所とプロペラの軸を
一緒に接着する様になっていて
シリンダーが回転するようになっていまして、
これ間違えてるなと思ってちょっと資料読んでみたら
本当にシリンダーとプロペラが一緒に回っている…
そんなのがあるらしいんですね。

同じ回転でプロペラとシリンダーが回転してるか
分からないんですけども…。
もしそうだとしたら相当シリンダー高速でプロペラと

H30-05-15.jpg回転するんじゃないかなと思うんですが。(笑
何かそんなような構造になってます。

実際に作っているときにですね、
翼を支える柱の接着面が非常に小さくてグラグラになって
全然付きませんでした。
それで全部0.4mmの真鍮線を入れて何とか固定できました。

会長の言われる張り線ですが、私は張り線の一端を瞬着で留めて、
引っ張ってやっていこうかなと思っています。

機体後部はかなり細いパーツが付いてまして、
これで良く飛んだなと。張り線で固定されるんでしょうか?
ちょっと出来上がったらどうなるかといった感じです。


【えぼっち会員】バンダイ 1/12 ダース・ベイダー(ホログラムVer.)
H30-05-16.jpgまたスターウオーズのを。(笑
仕事も忙しいし、この時期サバイバルゲームも始まってきてですね
そっちで時間を取られているという、畑ではなくてですね。(笑

前日からわぁっと組んで、適当にやったらですね
クリアパーツなので切り出し部分が白くなっていくんですね。
其処をどうにか誤魔化そうとして塗ったりとか…
密かに塗られています。分からないようにクリアブルーとか流して。

ベースはドンキホーテ買ったものなんですけど、
色を合わせるとそれっぽくなります。
このキットはホログラムVer.なので、1/12なんですけども

H30-05-17.jpg有る意味1/1です。(笑

遊びすぎて間接が緩いです。
色もちょっとしか塗っていないのでこれで終わりです。

あと、何故か謎のシールが付いてまして、
なんだろうと思っていたら目の部分に突き出しピン跡があるので、
そのままだと可愛い瞳が有るように見えるんですね。
それを誤魔化す為にこのシールを貼らないと
目玉が有るように見える。
それを防止する為にシールが付いていたようです。


【r-island会員】バンダイ 1/144 ガンダムダブルオーダイバーエース
H30-05-18.jpg先月パチッと組んだやつ持って来たんですけども塗ってみました。

一通り塗ってデカール貼ってたら、
先週これの強化ユニットのようなのが出てきて
『あ~また面倒臭いのが出てきたなと』思ったんですけど、
買ってしまいました。(笑

これは1日でサックリ面出しして、
サックリ色塗ってと言う感じでやってます。

デカールは手持ちのリアルグレードのデカールを使って
情報量増やしてといった感じです。手間は掛かってないです。

H30-05-19.jpgプラの厚さがあるのでそれを削りながら
少しシャープにしてといった感じでやってます。

そのまま青で塗ってしまおうかなと思ったんですが、
手持ちにキャラクター用の3色セットの青のような
クレオスのがあったので、それでさっくり
スプリッター迷彩にして見ました。
ちょっと色味が近すぎて
あまり差が出なかったなと思うんですけども
あまり派手でもアレかなと思いますが、
これも研究の余地ありかなと思います。

最新キットなので完成まで2週間ぐらいかな…。
息抜きと考えれば丁度いいかもしれません。

なんチャラソードとか言うやつは大分前に買った、ガイアノーツのプリズムカラーって言うやつで
ちょっと角度によっては緑と青でマジョーラカラーみたいになり、これも遊びでやってみました。

お手軽キットです。元ネタは『ガンダム ダブルオー』と言うアニメの機体なんですけども、
一度も作った事無かったんですが、中々デザインも格好いいなと。

先月も話しましたが、作っててなんか気持ち悪いなと思ってたんですけども、
作ってみれば中々面白いなと思いました。
そろそろ1/32の飛行機作りたくなって来ました。(笑

[ 2018/05/27 19:13 ] 例会報告 | TB(0) | CM(0)

平成30年5月例会報告。 その1。  

桜も散り始め、山々の色も一部の桜色が消えて、深緑に変わり始めた室蘭地方。
もう少し暖かくなってくると、霧の街室蘭と言えるほど、朝夕と霧が出ます。
湿気が多くなると、ラッカー系塗料は、「かぶり」が発生しますね。

そんな霧が発生する前に、カラッとした気持ちで例会報告して行きたいと思います!

平成30年5月例会報告


<日時> 平成30年5月19日(土)

<会場> サンライフ室蘭 2階第一講習室

<出席者>
○ コープスキー会長 ○ シュガー長官 ○ギャオス事務局長 ○えぼっち会員 
○ファントムboy会員&御子息 ○ラディッシュ会員 ○r-island会員  ○三五丸会員
○CUBE会員 ○兄者

※次回5月例会は、6月23日に行います。
1週早くなってますのでお間違いなく。

<例会風景>
H30-05-01.jpg今月は11名の例会参加となりました。

今月は先月のラングさんに引き続き、
ラディッシュさんの御子息が遊びに来てくれました。

ジャンルは車だそうで、現在『ルノー5』を製作中だそうです。
う~ん、ルノー5とは…。渋い、渋すぎる!!

是非、完成させて来月の例会に参加していただきたいですね。


<会報Vol.631,632>
H30-05-03.jpg今月も、例会会報が2巻同時発行となりました。

631号は、私めの3月例会報告と新入会員紹介、
平成30年度展示会に関わる連絡となっております。

H30-05-02.jpg続く632号は、シュガー長官&Skyhawkさんの『春の目覚め作戦』
ライスさん&Skyhawkさんの『岩国フレンドシップデイ レポート』
となっております。


<作品紹介>

【コープスキー会長】エアフィックス 1/48 ウォーラスMk.1
H30-05-04.jpg先月も持って来ましたがウォーラスやってます。

ギャオス事務局長より、張り線用のリギングというやつを2種類
1/32用と1/48用と頂きまして、
とりあえず一番目立たない所から全部穴あけて
1回2箇所通して他の穴にピンセットで先を入れ、
引っ張りながらまず2本だけやりました。
大変です…(笑

ウォーラス段々形が見えてくると、
現用機には無い存在感があるなという感じがしますね。
塗装はロイヤルエアフォースの塗装にします。

H30-05-05.jpg今回もまず、糸を通す穴は全部説明書見ながら
載ってるやつは空けました。

糸を接着どうしようか…瞬間接着剤で付けるしか
無いんでしょうけど…それやってから塗ると
張り線に色が付くんでやっぱり張り線する前に
塗る物は塗らなきゃ駄目かなと。

掲示板にも書きましたが、
鍾乳洞が出来るが如く作ってますので
あと1ヶ月なんとか、かんとか完成させたいと思います。


【シュガー長官】
今の時期は私的には畑作りが忙しくて大変です。(笑
カッコウが鳴き始めましたのでそろそろ種蒔きの時期かなと思ってますけども、
まだ畑が全部起こしきれていないということで、今そっちの方が一生懸命になってまして
模型のほうが手が回らないと言う事で、合同例会も近付いて来ているし困ったなと言う所です。

年金生活者の特権として日中も作れる時間があるということで、
あと1ヶ月で日中も皆さんが仕事している間も作れると言う特権を生かしてですね、
何とか間に合わせたいと思っております。

【ギャオス事務局長】タミヤ 1/35 キューベルワーゲン
H30-05-08.jpgご存知の通り、静岡に行って来まして其処でですね
「ミリタリービークル」日本にもあるんですね。
こういう会がありまして、そこで実車のキューベルワーゲンが
4台ぐらいだったかな、で、シトロエンですとか、
タミヤのMMの1/1みたいなやつですとか一杯あってですね、
そういうのに刺激受けて来たわけなんですけども。

まだ例会に持って来てなかったんで、
タミヤのMMの一番ライトで簡単に出来ると言われる
キューベルワーゲンとウイリスジープです。

どっちも筆塗りでやってます。
手塗りでアクリルカラーでやってみました。

H30-05-09.jpgキューベルワーゲンは暫く作ってなかったんで
サックリ作るつもりだったんですけど、
汚しなんかしていくと何かついついハマッてしまい
チッピングとかも余計に汚くなりすぎたんじゃないかと
思うくらいやってあります。

車体自体はそんなにいじってないです。
フロントウインドウが光反射すると飛行機に狙われるんで
カバー必ず掛けているんですけど、
それをエポキシパテで再現したぐらいですね。

ベースがちょっと苦労してスタイロフォーム使用してます。
ミラコンで表面作り、最初に濃い茶色かなんか塗ったら中々他の色が載らなくて…。
ダイソーのアクリル絵の具使ったんですね。それが悪かったかなと。

なるべく色消すようにタミヤのメイクアップ用の泥を上に重ねて重ねて乗せて行くようにしてます。
ベースつけると可愛らしくなったり草が…確か、アポロ模型店で買った立つ毛のやつですね。
それを付けて色付けてみました。

それだけじゃ単調なんでプラ板を切った屑を三角形を長細くして草のような形にして、
3~4本をくっつけてサクサクと入れていくとアクセントになるのでそんな風に入れて有ります。
土台も楽しんだ作品です。


タミヤ 1/35 ウイリスジープ
H30-05-06.jpgジープは殆ど手を入れないかと思ったんですけど、
結構省略が多いんですよね。
座席の座る所の上が布部分はボタン止めされているんですよね。
そのボタンが省略されているんでボタンを付けていってます。
軽く目立つ所だけはアクセント付けていこうかなと思ってました。

グローブとボールが助手席にありますが、
これもエポキシパテで作ったんですけども
アメリカ人といえばベースボールと短絡的ですけど。(笑

後は型どおりにサックリと作ってます。
これのベースもスタイロフォームでやってますけど、
何のことはないです。

H30-05-07.jpg定規を使って鉛筆で線を引いて、
レンガを作って行くような形で書いて行くような感じで
石畳を作ってみました。

色がちょっとセンス無いですね…。
もうちょっと研究の余地有ります。

[ 2018/05/27 18:09 ] 例会報告 | TB(0) | CM(0)

平成30年4月例会報告。 その4。 

【ラディッシュ会員】Amodel 1/72 Su-9
H30-04-28.jpg例会の記事書いたときに写真載せたやつなんですけども、
Migを離れてスホーイに流れてます。(笑

Aモデルのスホーイは作り掛けで、
前に展示会の時に「私こんなの好きです」みたいなので
やってたんですけども、それがようやく完成しまして、
スホーイの9のやつです。

ミサイル付いてますけども、
これがビームライディング付きのソ連初めてのミサイルで
何と噴射口が横に出てる。それが4発。

練習機型なんでよく写真を見ると2発づつしか積んでません。

H30-04-29.jpgやっぱり高いので、そんなにぽんぽん撃てないんじゃないかと。
もしかすると席を1つ増やしたんで、
その重量対策かもしれません。

燃料タンクを組んでいて、きちんと丸くなったんで凄く嬉しくて、
一生懸命何とか作る事ができました。


Amodel 1/72 Su-9u
H30-04-30.jpg

H30-04-31.jpg


パイオニアII 1/72 Su-15u
H30-04-32.jpgパイオニアIIのスホーイなんですが、
パッケージには22と書いてあるんですが
本当は間違いでSU-15の複座型なんでGという型になります。

キット自体非常に簡素で、
本当にこれで飛行機になるのかという感じですけども
出来あがってみるとそれなりです。

複座型は機首を延長した型と単座型の後ろに、
只席を設けたという2つの型があるんですけど
これどちらかというと、安直な方のようです。

H30-04-33.jpg


リンドバーグ 1/72 Mig-21 PF
H30-04-34.jpg対比のために良いかなと持ってきたんですけども、
リンドバーグ製です。
リンドバーグのこのキット貴重で、
Mig21の極々初期型に当たります。
このキットというのは私が確認した限りでは3つ、
3メーカーからしか出ていません。
フジミ、ビレックというところとこのリンドバーグ製だけです。

ハセガワはF-13なんですね。これとはちょっと違います。
PF型は非常に珍しいキットですけども、
キット自体は非常に玩具っぽいです。

H30-04-35.jpgそれを何とかスジ彫りし直して、
なんとなくそれっぽくなりました。
あえてオススメしません。(笑
非常にいい加減なキットです。(笑
作りたいなという人は、フジミのがお勧めです。(笑


【兄者】ゲームズワークショップ ノンスケール バルログ
H30-04-36.jpg以前頂いたキットです。

調べてみたら、どうやらボードゲームのコマの一種のようですね。
キットは、海外製にありがちなゲートが太い物で、
パーティングラインなのか、モールドなのか分からない
微妙なラインが存在します。
パーツの合いは流石にパチピタとは行きませんが、
それなりに組めました。

ただ、このバルログ、炎の化身だけ有って、
皮膚のひび割れた部分のモールドがありまして、
パテ埋めしてしまうと、そのモールドが消えてしまうので、
タミヤパテをシンナーで溶きまして、合わせ目の所に流し込み

H30-04-37.jpg合わせ目を目立たなくしてあります。

とさかの様な部分は、沸きあがる炎ということですが、
此処はグラデーション塗装にして見ましたが…。
見事間違ってますね…。
炎は、下のほうから上に掛けて赤くなるのですが、
全くの逆やってしまいました…(汗

翼のような物が有るので、割合大型のモデルになると思います。
作り応えは十分ですね。


<例会全作品風景>
H30-04-38.jpg今月は24点の作品が集まりました。
皆さん気合が入ってます。

中でもファントムboyさんのプチッガイシリーズ
ラディシュさんの赤い星の戦闘機シリーズは、
一体何処まで続くのでしょうか?
来月もこのお二方のシリーズが楽しみですね。(笑

それではまた、来月の例会でお会いしましょう。
兄者でした。(・o・)ゞ



[ 2018/05/11 19:17 ] 例会報告 | TB(0) | CM(0)

平成30年4月例会報告。 その3。 

【ファントムboy会員】バンダイ 1/144 ベアッガイF(ファミリー)&プチッガイ
H30-04-16.jpg此処3日くらいで作りました。(笑
塗装も接着もいらない物ですから。

ベアッガイファミリーといいまして、
元々あったベアッガイをママさんぽくして
後ろに子供っぽいプチッガイを背負っているという。

「ママッガイ」は型式番号がKUMA・Fという番号で
全高23m、重量110tという設定です。(笑
「東京ガンプラコレクション」の読者モデル(女性)
が企画した物です。

H30-04-17.jpg定番のプチッガイに関しては6個ですね。
一応、最新の物も入ってるんですけども。
今回は7体で、トータル30体ぐらいかと。
過去の作品が今手元にないものですから。
今後も増殖するのであればまた鋭意作りたいなと。

とりあえず今手に入る特別限定品以外は
何とかコンプリートしているのかなと思います。
また作る環境整いましたら別な物に手を出して
行きたいと思います。

プチッガイ詳細
・サーフェーサーグレー&プラカード(灰色)
・ティエリア・アーデパープル&プラカード(紫)
・刹那・F・セイセイブルー&プラカード(青)
・ロックオン・ストラトスグリーン&プラカード(緑)
・グラハム・エーカーホワイト&プラカード(白)
・アレルヤ・ハプティズムオレンジ&プラカード(オレンジ)

【r-island会員】バンダイ 1/144 ガンダム ダブルオーダイバー
H30-04-18.jpg年度替わって色々ばたばたしてまして、
2週間ぐらい模型触ってなかったんですけども
ちょっときつい日々が続いていました。

4月頭にふらっと模型屋さん寄ったらこれがあったんで。
新しいガンダムのアニメがやってるんですが、
ガンダムビルドダイバーズと言うガンプラで戦う
アニメなんですが、その主人公の機体があったので。

昔ガンダムOO(ダブルオー)って言うのがやってたんですけども、
そのガンプラを主人公がちょっとリメイクして使う
と言う感じですね。
1000円で売られてたんで、安い!買おう!と思って、

H30-04-19.jpgこれは何もいじらないでサクッと作ってしまおうと。

一応、面出しまではやりました。
作ってるときは、非常に色の組み合わせが気持ち悪くて
イライラしながらやってたんですけど、
後頭部が青っていうのが自分の中で違和感があって
うわぁ、気持ち悪いなって言う風な感じで。

パチパチっと組んで後はサラッと色塗って終ろうかな
と思っているんですが、面出し終わったら、
フツフツとこう言う事やってもいいかなと言う欲が
浮かんできたんで、それをやるとまた出来なくなるので、
早く今年のテーマのひとつでもあるので
サクッと終らせたいと思います。


タミヤ 1/48 川崎 三式戦闘機 飛燕I型丁
H30-04-20.jpgタミヤの飛燕です。
コンペの時の『カワサキ ニンジャH2-R』と並べよう作戦が
見事に頓挫したんですけども、楽して作ろうと言うのが、
今回自分のコンセプトでした。

最初は斑迷彩も考えてたんですが辞めました。
ただ、あんまりでカールも使いたくなかったんで、
日の丸とかは基本的にエアブラシで塗ってますが
一部はデカール使ってます。

黒のサフ吹いて、ガイアカラーの
スターブライトジュラルミンを吹いて、
赤線とかマスキングして吹いてって

H30-04-21.jpg言うのをやっていたら、
嫁が見ていて「玩具くさいね」と言われて、
またいつものパターンですけども(笑

一昨日くらいに時間出来たので、
ウエザリングカラーで汚しまして、
いつもの『物なくし作戦』が発動しまして、
ピトー管無くし、高いファインモールドを使いました。

最後にパーツ嵌めてるととんでもないミスを
と言う所がひとつあったんですが…。
脚カバーの所に黄色の線入ってるんすけども
何を間違ったか、他の所を黄色く塗ってしまって

面倒臭かったので筆でシルバー塗り直して黄色を塗り直して終了です。(笑
素晴らしいキットですね。合いも素晴らしいし、エンジンパーツも一応見れます。

張り線はモデルカステンの張り線を使ってます。結局買っちゃいました。(笑
非常に質がよく適当にやったんですけども、ばっちり決まったので非常に良かったなと思います。


【裸王会員】ファインモールド 1/35 九七式中戦車(旧砲塔・新車体) 知波単学園 「西 絹代」隊長車
H30-04-22.jpg2月のコンペに間に合いませんでした…。

基本ストレート組みなんですけども、
フィギュアが自然に立っている様子を再現する為に
他の所に干渉しないようにサークルカッターで、
円を沢山作っては重ねて積層して…。

今となっては何故そういう工作をしたのかわかりませんが、
手を加えたのでその分時間が掛かったというのはあります。

H30-04-23.jpg


ファインモールド 1/35 九七式中戦車(新砲塔・旧車体) 知波単学園 「玉田」車
H30-04-24.jpg以前持って来たタミヤのとは別物です。

アレはこれのための練習台として加工していたんですけど、
結局悩んだ挙句黄帯は白を一回吹いた上に一層黄色を吹いて
その上から迷彩を施して、手直しに筆でアクリジョン使って
リタッチしていくという方法×3台だったので、
時間が掛かりました。

正直、日本戦車のこの迷彩はお腹一杯です。

仕様を見ながら黄帯の入り方とか、
迷彩の割合とか見ながらやりました。
中島製と三菱製で違いが有る様です。

H30-04-25.jpg中島製のは黄帯がうねりが大きくて丁寧、
三菱のほうは割りと単純な線で手軽にやってる感が有ります。

何故にこのような派手な迷彩が含まれているのか
色々調べていったら、台数が重なっていると
この黄色の所為で錯覚を起こして、
車輌の数が分かりにくくなるという効果が有った。

…らしいんですけど…見てどうでしょうか?(笑


ファインモールド 1/35 九五式軽戦車 知波単学園 「福田」車
H30-04-26.jpg

H30-04-27.jpg


[ 2018/05/11 14:45 ] 例会報告 | TB(0) | CM(0)